完全無添加化粧品ガイド

~ 素肌が喜ぶ完全無添加化粧品の選び方教えます ~

HOME » 基本的な肌のお手入れ方法 » 肌年齢で違うお手入れのポイント

肌年齢で違うお手入れのポイント

「私は○○タイプの肌質だから」と若い頃からずっと同じスキンケアを続けていませんか?

肌も年齢を重ねるごとに状態が少しずつ変化していきます。その変化に合わせ、年代別にスキンケアを変えていく必要性があります。では、30代、40代を中心に年代別スキンケアのポイントについて見てみましょう。

年代別スキンケアのポイント

20歳代

20代のスキンケアによってお肌の基礎作りの時期。特別なケアは必要ありませんが、洗顔と保水・保湿ケアが大切です。

30歳代

肌の衰えを感じ始める年代です。保湿と潤いケアがポイント。皮脂の分泌はまだ活発なので、基本のケアにカサついている部分だけ美容液をプラス。また、肌が疲れているなと感じたら、保湿と潤い成分が配合されたパックを。ただし、パックは3~5分程度に。長時間行うと逆効果になるので注意!30代は毎日の肌の状態に合わせたスキンケアがポイントです。

40歳代

40歳を過ぎると、肌サイクルは20代に比べ倍以上の50日近くかかってしまいます。角質が厚くなり肌がくすんできたり、シミやしわ、たるみが目立ってきたりするのも40代。美白成分も大切ですが、保湿と潤いで肌がみずみずしく透明感のある肌を目指しましょう。洗顔後のローションは保湿性の高いものがベスト。UVケアもしっかりとしましょう。しわやたるみ予防に、リンパの流れに沿ったマッサージもプラスしてみてください。

50歳代

50代になるとお肌は一年中乾燥しがち。角質層の水分量が減ると、しわやたるみの原因に。保湿+潤い成分の効果が高い化粧品選びが大切になります。

 
 ページの先頭へ
完全無添加化粧品ガイド