完全無添加化粧品ガイド

~ 素肌が喜ぶ完全無添加化粧品の選び方教えます ~

HOME » 知っておきたい危険な化粧品成分

知っておきたい危険な化粧品成分

一般的に市販されている化粧品の中には、さまざまな危険な化学成分が含まれています。ここでは、肌に安全な無添加化粧品を選ぶ際に、熟知していたい危険な成分などを紹介します。

知っておきたい危険な化粧品成分を紹介

例えば、防腐剤として使われているパラベンやフェノキシエタノール、ヒノキチオールは、肌に刺激性がある有害物質として知られています。パラベンは特に、アトピー性皮膚炎やかゆみ、湿疹などの被害報告がたくさんあるようです。

一方で、化粧品だけでなく、洗濯洗剤や食器洗剤、ハンドクリームなどに含まれていることで有名な化学物質「界面活性剤」。これは、植物由来のものであれば安心ですが、石油系由来の合成界面活性剤となると、また話が別です。かなり強い毒性があり、また体内への残留性が高いことも指摘されています。

これらの化粧品に含まれる危険な化学物質とその特徴、避けた方がよい石油系の成分を次のページ以降でピックアップして紹介しているので、化粧品選びの際は、ぜひ参考にしてみてください。

「旧表示指定成分」って何?

「旧表示指定成分」とは、無添加化粧品にこだわる上で、ぜひ知っておきたいことの一つ。

2001年3月までの法改正前は、薬事法によって、「化粧品に配合する場合は、その成分を表示しなければならない」と定められているものがありました。これらは、「ごくまれにアレルギーなどの皮膚障害を起こすおそれのある成分」と定義され、香料を主とした102種類が、厚生省によって選定されていました。

いまは、「旧表示指定成分」から「全成分表示」へ改正され、その危険性に関わらず、化粧品に配合されているすべての成分を表示することが義務付けられています。表示順序は配合量が多い順番からと法律で決められていますが、人体に害のある危険な成分を見抜くには、「旧表示指定成分」にどんなものがあったのかを知っておくことは、とても大切なのです。

「旧表示指定成分」の一覧はこちら

「旧表示指定成分」は、石油由来のものが非常に多く、できることなら避けたい成分ばかりです。現在の表示を参考に選ぶ上でも、石油系の成分はなるべく入っていない方がお肌にとって安全といえます。

※旧指定成分が必ずしも危険だということはありません。個人差もありますし、配合量などによっても違ってきますので、ひとつの目安としてお考え下さい。

【旧表示指定成分一覧】 成分/用途

  • 安息香酸およびその塩類/防腐殺菌剤
  • イクタモール(イヒチオール)/収れん剤
  • イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)/防腐殺菌剤
  • ウンデシレン酸およびその塩類/防腐殺菌剤
  • ウンデシレン酸モノエタノールアミノ/防腐殺菌剤
  • エデト酸及びその塩類(EDTA)/合成イオン封鎖剤
  • 塩化アルキルトリメチルアンモニウム(ベヘントリモニウムクロリド)/界面活性剤
  • 塩化ジステアリルジメチルアンモニウム(ジステアリルジモニウムクロリド)/界面活性剤
  • 塩化ステアリルトリメチルアンモニウム(ステアルトリモニウムクロリド)/界面活性剤
  • 塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム(ステアラルコニウムクロリド)/界面活性剤
  • 塩化セチルトリメチルアンモニウム(セトリモニウムクロリド)/界面活性剤など
  • 塩化セチルピリジニウム/界面活性剤
  • 塩化ベンザルコニウム(ベンザルコニウムクロリド)/界面活性剤
  • 塩化ラウリルトリメチルアンモニウム/界面活性剤
  • 塩化リゾチーム/酵素類
  • 塩化アルキルジアミノエチルグリシン/界面活性剤
  • 塩化クロルヘキシジン/防腐殺菌剤
  • 塩酸ジフェンヒドラミン(ジフェンヒドラミンHCI)/消炎剤
  • オキシベンソン/紫外線吸収剤・安定剤
  • オルトフェニルフェノール(フェニルフェノール)/防腐殺菌剤
  • カテコール/防腐剤
  • カンタリスチンキ(マメハンミョウエキス)/毛根刺激剤
  • グアイアズレン/紫外線吸収剤・消炎剤
  • グアイアズレンスルホン酸ナトリウム/消炎剤
  • グルコン酸クロルヘキジン/防腐殺菌剤
  • クレゾール/防腐殺菌剤
  • クロラミンT/防腐殺菌剤
  • クロルキシレノール/防腐殺菌剤
  • クロルクレゾール/防腐殺菌剤
  • クロロフェネシン/防腐殺菌剤
  • クロロブタノール/防腐殺菌剤
  • 5-クロロ-2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン/殺菌防腐剤
  • 酢酸dl-αートコフェロール(酢酸トコフェロール)/防腐剤
  • 酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール/界面活性剤
  • 酢酸ラノリン/基剤
  • 酢酸ラノリンアルコール/基剤
  • サリチル酸及びその塩類/防腐殺菌剤
  • サリチル酸フェニル/紫外線吸収剤
  • ジイソプロパノールアミン/防腐剤
  • 1.3-ジメチロール-5、5-ジメチルヒダントイン/防腐剤
  • 臭化アルキルイソキノリニウム(ラウリルイソキノリニウムブロミド)/界面活性剤
  • 臭化セチルトリメチルアンモニウム/界面活性剤
  • 臭化ドミフェン/界面活性剤、防腐殺菌剤
  • シュウキョウチンキ/毛根刺激剤
  • ステアリルアルコール/基剤・乳化安定剤
  • セタノール(セチルアルコール、パルミチルアルコール)/基剤・乳化安定剤
  • セチル硫酸ナトリウム/界面活性剤
  • セトステアリルアルコール(セテアリルアルコール)/基剤
  • セラック/皮脂形成剤
  • ソルビン酸およびその塩類/防腐殺菌剤
  • チモール(2-イソプロピルメチルフェノール)/防腐殺菌剤
  • 直鎖型アルキルベンゼスルホン酸ナトリウム/界面活性剤
  • チラム(テトラメチルチウラムジスルフィド)/防腐殺菌剤
  • デヒドロ酢酸およびその塩類/防腐殺菌剤
  • 天然ゴムラテックス/基剤・接着剤
  • トウガラシチンキ/毛根刺激剤
  • dl-αートコフェロール(トコフェロール)/防腐剤
  • トラガント(トラガントガム)/増粘剤
  • トリイソプロバノールアミン/中和剤
  • トリエタノールアミン(TEA)/中和剤
  • トリクロサン(トリクロロヒドロキシジフェニルエーテル)/防腐殺菌剤
  • トリクロロカルバニリド(トリクロカルバン)/防腐殺菌剤
  • ニコチン酸ベンジル/消炎剤
  • ノニル酸バニリルアミド 防腐殺菌剤
  • パラアミノ安息香酸エステル(エチルPABA)/紫外線吸収剤
  • パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)/殺菌防腐剤
  • パラクロルフェノール/紫外線吸収剤
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛(フェノールスルホン酸亜鉛)/収れん剤
  • ハロカルバン/防腐殺菌剤
  • 2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール/紫外線吸収剤
  • ピロガロール/色剤原料、防腐殺菌剤
  • フェノール(石灰炭)/防腐殺菌剤
  • ブチルヒドロキシアニソール(BHA)/ 防腐剤
  • プロピレングリコール(PG)/保湿剤
  • ヘキサクロロフェン/防腐殺菌剤
  • ベンジルアルコール/香料など
  • 没食子酸プロピル/防腐剤
  • ポリエチレングリコール(平均分子量が600以下のもの・PEG)/ 基剤
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類(ラウレス○)/界面活性剤
  • ポリオキシエチレンラノリン/界面活性剤
  • ポリオキシエチレンラノリンアルコール/界面活性剤
  • ホルモン(エストラジオール・エストロン・エチニルエストラジオール・酢酸コルチゾン・ジエチルスチルベルトロール・ヒドロコルチゾン・プレドニゾロン・プレドニゾン・ヘキセストロール)/ホルモン
  • ミリスチン酸イソプロピル’(IPM,イソプロピルミリステート)/基剤
  • 2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン/殺菌防腐剤
  • メチルレンビスウレア/防腐剤
  • ラウリル硫酸塩類/界面活性剤
  • ラウロイルサルコシンナトリウム/界面活性剤
  • ラノリン/基剤
  • 液状ラノリン/基剤
  • 還元ラノリン/基剤
  • 硬質ラノリン/基剤
  • ラノリンアルコール/基剤
  • 水素添加ラノリンアルコール/基剤
  • ラノリン脂肪酸イソプルピル/基剤
  • ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール/基剤
  • レゾルシン/殺菌防腐剤
  • ロジン(レジン、コロホニー)/粘着剤
  • タール系色素/色材
 
 ページの先頭へ
完全無添加化粧品ガイド