完全無添加化粧品ガイド

~ 素肌が喜ぶ完全無添加化粧品の選び方教えます ~

HOME » 完全無添加化粧品とは » 安全性の見極め方

安全性の見極め方

よく化粧品の広告などで見かける“無添加”という言葉。何も添加されていないから肌によさそうだと勘違いしてしまいます。

でも、実際には無添加の定義は、メーカによって異なります。

全成分表示で安全性の判断は自己責任?!

「表示指定成分を添加していない化粧品」というもの。

それも薬事法の改正により、今は全成分が表示されるようになってしまったため、
容器に書かれている成分を見ても、どれが旧表示指定成分なのかは素人の私たちには
判断しずらくなってしまいました。
というのも、それまでは化粧品を作るのに厚生労働省へ申請し“製造承認”を得なければなりませんでした。
ところが、法改正により化粧品への規制緩和で申請制度そのものが廃止されてしまったのです。
つまり、全成分を表示するから安全性は自分で判断しなさいということです。

無添加だからって安全とは限らない

そもそも化粧品は肌に直接塗るものなのに、毒性の強い薬品を添加していても消費者には区別がつかなくなるなんて…絶対に変ですよね?

酢酸-dl-α-トコフェロール
酢酸-d-α-トコフェロール

この2つ、どちらが旧表示指定成分だかわかりますか?
同じ合成のビタミンE誘導体で、血行促進や抗酸化作用を謳っていますが、酢酸-dl-α-トコフェロールのほうは旧表示指定成分です。
ですから、無添加化粧品はあくまでもメーカーの判断で表記されているもの。肌にとって安心・安全だとは言えないものもあります。
つまり、無添加と表示されていても防腐剤や殺菌剤などが入っていないわけではなく、旧表示指定成分のものは使っていないというだけなのです。

そのため、配合されている成分が、安全なものかそうでないものかを見抜く知識が必要なのです。

 
 ページの先頭へ
完全無添加化粧品ガイド