完全無添加化粧品ガイド

~ 素肌が喜ぶ完全無添加化粧品の選び方教えます ~

HOME » 完全無添加化粧品とは » 医薬部外品との違い

医薬部外品との違い

医薬部外品と聞くと、お薬のような響きが肌にも良さそうと勘違いをされている方も多いようです。そこで、医薬部外品と化粧品の違いについて詳しく見てみましょう。

位置づけとして、医薬部外品は「医薬品」と「化粧品」の中間になり、薬事法で次のように定められています。

次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であって機械器具等ではないもの。

  1. 吐き気その他の不快感又は口臭もしくは体臭の防止
  2. あせも、ただれ等の防止
  3. 脱毛の防止、育毛又は除毛
  4. 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止』

一方、化粧品の定義は、『人の身体を清潔にし、美化し魅力を増し、容貌を変え、皮膚、毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法により使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用がおだやかなもの』とされています。

効果効能を表示できる医薬部外品

化粧品はあくまでも、人体に対する作用がおだやかでなければなりませんので、「シミが消える」「ニキビが治る」などと劇的な効能を謳うことはできません。一方、医薬部外品はおだやかな薬理作用が認められた成分が配合されています。ですから、「ハリのあるお肌に」「メラニン生成を抑えてシミを防ぐ」「美白効果がある」といったように、有効成分として効果効能を表示することができます。

薬用石けんなども医薬部外品に分類されます。ただし、医薬品ではありませんので「~が治る」などといった表現はできません。

効果効能は謳えるが安心・安全とは基準が違う

結局のところ、肌にとって良いものか?ダメージを与えるものなのか?

中には良心的な化粧品もありますので一概にダメとは言えませんが、医薬部外品だから添加物が入っていないわけではないということを頭に入れておきましょう。

医薬部外品は、あくまでも有効成分が穏やかに作用し、効果・効能を表示できるもの。つまり、薬事法で「化粧品」に区分されるか「医薬部外品」に区分されるかの違いだけであって、安心・安全の基準ではないのです。

 
 ページの先頭へ
完全無添加化粧品ガイド