完全無添加化粧品ガイド

~ 素肌が喜ぶ完全無添加化粧品の選び方教えます ~

HOME » 完全無添加化粧品とは

完全無添加化粧品とは

無添加と完全無添加とは違う!

“無添加”と呼ばれる化粧品は巷にたくさんあるものの、実は無添加の基準は曖昧で厳格なものはありません。

以前は発がん性や環境ホルモンの疑いがある成分を「表示指定成分」として区別されていたました。

ところが、2001年からは薬事法の改正で全成分が表示されるようになり、私たち消費者にはどれが危険でどれが安全な成分なのかの見分けなどつかなくなってしまったのです…

酢酸-dl-α-トコフェロール
酢酸-d-α-トコフェロール

どちらが旧表示指定成分だかわかりますか?

答えは「酢酸-dl-α-トコフェロール」です。

ただし、酢酸-d-α-トコフェロールが安全なわけではありません。それに、無添加と謳っている化粧品だから防腐剤や殺菌剤が入っていないわけではないのです。

ここでは、完全無添加にこだわる理由や安全性の見極め方などを まとめてあります。

全成分の表示が義務づけられた今、なにが本当の無添加なのか?消費者である私たちの“選ぶ目”が重要になってきます。

では、完全無添加にこだわる理由をご一緒に見てみましょう♪

 
 ページの先頭へ
完全無添加化粧品ガイド