完全無添加化粧品ガイド

~ 素肌が喜ぶ完全無添加化粧品の選び方教えます ~

HOME » 注目されている化粧品の美肌成分 » ビタミンC&アミノ酸

ビタミンC&アミノ酸

ビタミンCやアミノ酸は、美肌をつくるにあたって必要不可欠な成分であるということは、きっと、みなさんも耳にした経験があると思います。

ここでは、それらの成分が、肌へ実際にどんな働きをするのか説明していきます。

ビタミンCが肌に与える効果は?

ビタミンCは、体のバランスを取るには必要不可欠の栄養素で、レモンやオレンジなどの柑橘系に多く含まれています。

ビタミンCを摂取すると、体の中で最も大事な肝臓やすい臓、心臓などの臓器に栄養が分配されます。それでも充分な量を取っている場合、お肌にも成分を分配してくれます。

お肌まで届いたビタミンCは、コラーゲンの生成や維持にも活用されますが、ビタミンCは排泄されやすい特性もあるため、体内に留めておくことが困難です。常に充分な量を摂取するよう心がけましょう。

美肌への役割としては、細胞を活性化してターンオーバーを順調にすることが挙げられます。肌のターンオーバーが順調になると、要らないメラニンが剥がれ落ちて排泄されるため、肌に沈着しにくくなります。

また、シミになってしまったメラニンを白色に還元する働きもあるため、メラニンの生成を抑えつつ、シミやくすみの予防にもなるのです。

アミノ酸が肌に与える影響は?

アミノ酸は、体を構成しているたんぱく質を作ります。アミノ酸は生体を作る大切な栄養素で、全部で20種類程度あります。

美肌作りに大切なコラーゲンも、実はアミノ酸から作られるたんぱく質の一種で、肌のハリや弾力のもととなっている成分です。コラーゲンが不足すると、お肌に弾力がなくなり、シワの原因にもなるそうです。

一般的にコラーゲンは、分子量が大きく肌の表面からはなかなか肌の奥まで吸収されません。そのため、体内でアミノ酸から合成されなければならないのですが、この時に必要不可欠なのが「ビタミンC」なのだそうです。つまり、アミノ酸はビタミンCと出会って初めてコラーゲンとなり、肌にハリやつやをもたらしてくれるのです。

美肌作りに欠かせない必須アミノ酸は、体内では作り出せないので、大豆などの食事から摂取したり、比較的肌から吸収しやすいという特徴を生かして、アミノ酸成分を肌表面に塗ることで補うことができます。しっかりアミノ酸も補えば、肌の弾力が回復し、しっとりすべすべの肌がよみがえりますよ。

「ビタミンC誘導体」は肌への効果が弱い?

ビタミンCは、そもそも酸化還元力が強いため、とても不安定な栄養素です。化粧品においてのビタミンCは、中の水酸基に化合物を付加することで、「ビタミンC誘導体」として作られてきました。

しかし、この「ビタミンC誘導体」自体は還元力が少なく、体内の酵素の働きによってビタミンCの形となってはじめて、活性力や生理力が発揮されるのだそう。

これでは、せっかく「ビタミンC誘導体」のみを化粧品から摂取しても、肌への効果がいまいち弱いということになってしまいます。最近では、この「ビタミンC誘導体」のウィークポイントに焦点をあてて、独自の技術を開発し、「ビタミンC誘導体」でない“生きたビタミンC”を化粧品に配合することに成功している企業もあるようですよ。

生きたビタミンC&アミノ酸が配合された“超・天然コスメ”はコレ!

 
 ページの先頭へ
完全無添加化粧品ガイド